メニュー

らんのちからは頭皮環境の改善に役立つ

蘭は日本にも多く棲息しており、種類的にも豊富な植物です。昨今は様々な用途で使われており、育毛剤などのヘルスシーンでも効果が認められています。世界的に見ても蘭は多種多様な様相を呈しており、その活用性が期待されています。蘭は、通常、観賞用に育てられる植物ですが、欧米に広まったのは18世紀以降だと言われています。熱帯性の蘭が多品種持ち込まれ、観賞用として栽培始めたわけです。その後、より美しい姿が追求されるようになり、様々な交配が行われました。蘭科では、種間だけでなく、属間でも雑種ができるものがあり、日本では「洋蘭」として広まっています。一方、中国で珍重されている種類は「東洋蘭」と呼ばれ、個体異変の中から目ぼしいものを選んで栽培しています。昨今は東洋蘭の場合も交配育種が広まっていますが、依然として野生採取個体が珍重されています。

毛母細胞の働きを改善する効果が期待できる

現在、世界的にみると野生蘭の乱獲が進んでおり、絶滅に瀕している種が多数あります。蘭の効果については、蘭科のバニラが有名で、食品用に栽培されています。その他、化粧品用に栽培される品種や保湿などの薬用成分を抽出できるものもあります。そして、近年では頭皮環境を整える効果が認められる品種も発見されており、この品種を使った育毛剤も開発販売されています。頭皮環境は外的要因で刺激を受けやすく、特に帽子やヘルメットを常用する人は頭皮環境が悪化しやすくなっています。頭皮環境が悪化すると、抜け毛や薄毛の原因になると言われており、一度悪化すると回復に時間がかかります。「らんのちから」には、毛母細胞の働きを改善する効果が期待されており、各種育毛剤などへの配合が進められています。

頭皮環境改善と血行促進効果で育毛

頭皮環境の改善や育毛効果が期待されている「らんのちから」ですが、中でも注目されているのがシンビジウム全草エキスです。これは、マリーローランサンなどから抽出されるエキスで、保湿効果に加えて、頭皮を柔らかく保つ効果が認められています。それによって、有効成分をしっかりと頭皮に浸透せることができ、頭皮環境を改善するわけです。現在、当成分が配合されている育毛剤が開発されており、炎症を抑えるグリチルリチン酸も配合されています。それ故、薄毛対策だけでなく、頭皮トラブルにも適用することが可能になっています。当育毛剤には、センブリエキスという血行促進成分も配合されており、毛乳頭への栄養補給も併せて促進されます。それによって、髪を作り育てる細胞が活性化され、強くで丈夫な髪の毛の成長が期待できることになります。